システム資産解析サービス概要

「システム再構築」「マイグレーション」実施に際しまして、必要不可欠となる現行システムのAs−Is分析。

これまでの運用経過によるシステム規模の暫増から、現行システムの可視化をマンパワーにて行う事は膨大な工数を伴う作業となります。

弊社では「RESCUE」を活用し、メインフレームにて運用されている現行システムのAs−Is分析を、強力にサポート致します。

システム資産解析サービス内容

メインフレーム上に保有のソフトウェア資産を「RESCUE」により静的解析を行い、各種資産解析情報をご提供致します。

本サービスよりご提供する解析情報は、下記の資産解析情報となります。

【各種資産台帳】
◇ プログラム一覧
◇ 展開リソース(コピー句/インクルード)一覧
◇ DB一覧
◇ ジョブ一覧
 etc

【未使用・不足資産一覧】
◇ 未使用プログラム一覧
◇ 不足プログラム一覧
◇ 未使用展開リソース(コピー句/インクルード)一覧

【各種資産相関情報】
◇ プログラムクロスリファレンス(サブルーチン/データセット/DB/DC/コピー句 etc)
◇ ジョブクロスリファレンス(カタプロ/プログラム/データセット/DB etc)
 etc

【プログラム仕様書】
◇ プログラム概要図
◇ プログラムI/O一覧
◇ 入出力領域仕様書
 etc

ご提案書(サンプル)

下記リンクより、某社資産解析案件に際し、ご提示した提案書をダウンロードしていただく事が出来ます。

ダウンロードはこちらから> ご提案書(サンプル)

※システム資産解析サービスに関しまして、詳しいお問合せはこちらから> お問い合わせ