マイグレーション自動コンバージョンサービス概要

ソフトウェア(アプリケーションプログラム)は、要件定義(業務仕様)、設計(実現技法)、 製造(実装)の3大要素にて構成されております。

弊社マイグレーション自動コンバージョンサービスは、RESCUEで培ったソフトウェア資産解析のノウハウ、ならびに最新のリバースエンジニアリング 技術を用い、ソフトウェアの構成要素から業務仕様の抽出を行い、再構築リポジトリの生成を行います。

リポジトリに収められた業務仕様について、CASE(Computer Aided Software Engineering) ツールを介し、BRMS(Business Rule Manegement System)ツール や開発フレームワークへ連携する事で、アプリケーションプログラムの自動生成を可能といたします。

マイグレーション自動コンバージョンサービス資料

下記リンクより、マイグレーション自動コンバージョンサービス資料のダウンロードしていただく事が出来ます。

ダウンロードはこちらから> マイグレーション自動コンバージョンサービスパンフレット

※マイグレーション自動コンバージョンサービスに関しまして、詳しいお問合せはこちらから> お問い合わせ

マイグレーション自動コンバージョンサービス最新情報

■2013年4月1日
バージョン【Ver1.0】をリリースしました。